我が子たちは絵本のだるまさんシリーズが大好きです。

すごく薄くてすぐ読み終えてしまうのですが、いないいないばあに通じるものがあるようです。

上の子がだるまさんを指差しながら「だーるーまーさーんーがー」と 読んでから下の子も「だっ!だっ!」と言いながら指差しています。

最近、だるまさんがおならをするシーンで、下の子が自分の鼻をつまみました。

誰も教えていないのに、臭いというサインを自分なりに表したようです。

「クサッ、なの?」(臭いってこと?)と聞くと満面の笑み。

私が笑ったことでさらに気を良くしたのか、違うシーンでも鼻をつまむようになりました。

そういえばご飯のとき、たまに片手をパーにして鼻を覆うときが出てきました。

それはどうやら美味しいのサインのようです。

前からサインしなくても「おいしっ」と言えたのですが、サインででも著わすようになりました。

子の成長は一日一日ですね。